免疫療法(モノクローナル抗体療法)

ホームへ戻る >  注文住宅の設計図を見るポイント  > 免疫療法(モノクローナル抗体療法)

医療機関で行われている免疫療法の1つに、モノクローナル抗体療法ああります。獲得免疫のB細胞が作り出す、強力な「抗体」を人工的に作り出し、投与する方法です。免疫療法は、体内の免疫システムを利用して、ガンなどの異物を攻撃、排除していきます。抗体を作り出してあげることで、免疫システムが異物を攻撃しやすくなります。細菌やウイルスだけではなく、ガンに対しても、非常に効果的な作用をもたらしてくれる免疫療法です。


ガン細胞の場合、もともとは身内です。ここが、外部から侵入してくる、最近とは違う点です。強力な攻撃力のあるB細胞ですが、敵だと認識できなければ、攻撃することはありません。そのため、免疫療法により、特定のガン細胞に対応する抗体を生成します。

特定のがん細胞の1個体の抗原に対し、モノクローナル抗体がつながっています。免疫療法で利用されているモノクローナル抗体は現在5種類です。とても少ない数です。したがって、ごく特定のガンにしか、適応できないのが現状です。しかし、研究は日々進められており、可能性は広がりつつあります。モノクローナル抗体に抗がん剤を混ぜ、攻撃力を高める方法も検討されています。


モノクローナル抗体には、転移性乳ガンなどに対応するトラスツブマブ(ハーセプチン)、悪性リンパ腫などに対応するリツキシマブ(リツキサン)、大腸ガンに効果があるセツキシマブ(エルビタックス)、同じく大腸ガンに効果があるベバシツマブ(アバスチン)、白血病や悪性リンパ腫に対応するダクリズマブ(セナバックス)があります。