注文住宅の外壁の耐久年数

ホームへ戻る >  注文住宅の設計図を見るポイント  > 注文住宅の外壁の耐久年数

外壁の種類によってもかなり異なってくる部分はあるものの、それぞれの素材によってあらかじめの耐久年数というものがあります。メンテナンスの仕方によってはもっと長持ちすることもあるでしょうし、場合によってはメンテナンスをしなかったばかりに劣化を早めてしまったということもあるかもしれません。


注文住宅でもそうではない場合でも、外観の一番の見どころである外壁に使われる素材というのはほとんど変わりません。ですので、耐久年数についても注文住宅だから長いということもないのです。いつまでも美しい外観をキープしたいところですが、外壁にフッ素やシリコンなどの汚れやカビ、菌などの付着を防いでくれるコーティングが施されている場合は、12年から15年、長い場合ですと20年ほどもつと思われます。

紫外線に弱いもの、その紫外線を利用して外壁を強くしていくものなどといろいろなタイプがありますが、ここでご紹介している耐久年数も目安であり、それ以下になることもあればそれ以上になることもあるということをしっかりと念頭に置いておきましょう。


たとえば、30年は劣化しないという塗装を施したとしても、その土地の状況や気候、地盤などの関係で30年以下になるということは容易に考えられます。注文住宅だから外壁も特注をしなくては!というわけではありません。予算の範囲内で自分たちの将来のことを考えられる外壁を取り入れていくことが大切です。外観はとても重要な割合を占めています。耐久年数などをしっかりとチェックしながら、ベストな外壁をご検討ください。