家を建てるのは家の価格のみではない

ホームへ戻る >  注文住宅の外壁材の補修と交換時期  > 家を建てるのは家の価格のみではない

注文住宅だったり中古住宅だったりしても、家を買うということは家本体にかかる価格のみならず、諸費用が発生してくるということを忘れてはいけません。家を建てるために予算を立てている方もたくさんいらっしゃると思いますが、実際に家を購入するまでには諸費用がプラスされるということを知らなかったという方も少なくありません。注文住宅などを購入する際にかかる諸費用というのも予算に入れて計算をしないと予算オーバーとなってしまう可能性がありますので、しっかりと予算の中に組み込んでいきましょう。


住宅ローンを利用される方は、ローンを組む際の事務手数料が発生します。これは借入の金額の大小にかかわらず一律で35,000円だったり52,500円だったりと定額を導入している金融機関がほとんどです。

場合によっては借入額の数%を事務手数料として計算している金融機関もあります。そしてローンの保証料も忘れてはいけません。保証会社による保証を利用するための費用であり、最近は保証会社を利用しないローンも登場しています。


そして、団体信用生命保険料も発生してくるでしょう。これは団体信用生命保険に加入するための費用となっていて、加入は自己負担になる場合と保険料は金融機関が支払うものがあります。注文住宅などを購入するにあたり、住宅ローンを利用しないという方はいません。住宅ローンの金利も実は諸費用の一つ。一生払い続けていく中でどのくらいが金利として取られていくのかも併せて計算しておく事をおすすめします。