シックハウス対策を万全に

ホームへ戻る >  注文住宅の外壁材の補修と交換時期  > シックハウス対策を万全に

注文住宅は、最初は自分たちの希望や条件を詰め込んでいきます。そこから予算をある程度算出して、大半の方が予算オーバーをしていますので、ここから妥協できるところ、またもう少し予算を抑えられる方法に変更をしていきます。


注文住宅は素晴らしいものですが、予算がかなり圧迫されてしまうところもありますので、削らなくてはいけない部分をしっかりと把握しながらオーバーしてしまっている部分を削っていきます。ただし、この作業は並大抵なものではなく、とても大変です。また、削ってはいけない部分というのも実在しているということを忘れないでいただきたいのです。

それは以前から問題になってりるシックハウス症候群です。シックハウス症候群対策にかける費用は絶対に削ってはいけません。注文住宅を建てたのに具合が悪くなってしまったり、体調不良を引き起こしてしまっては元も子もありません。今現在は、法律によりシックハウス症候群対策に対する規制がかなり厳しくなっています。24時間の換気システムを取り入れることは、注文住宅に限らず、家を建てる方が必ず取り入れなくてはいけないこととなっています。


このように、削れる場所や削ってはいけない部分があるということをしっかりと念頭において、どうしたら自分たちの希望を詰め込んだ家を建てられるのか、時間をかけてじっくりと話し合い、検討を重ねていきましょう。妥協は大切ですが、妥協のし過ぎは後悔を招いてしまいますので、削るということと妥協を間違えないようにしましょう。