住宅購入の頭金が用意できない場合

ホームへ戻る >  注文住宅の外壁材の補修と交換時期  > 住宅購入の頭金が用意できない場合

注文住宅に限った事ではありませんが、頭金として住宅を購入する際の費用の20%は用意しておいた方が良いという話はすでにご理解いただけていると思います。しかしながら、20%もの頭金や予算を用意できないというご家庭も実は現在たくさんあります。


もちろん、金融機関によっては頭金が足りなくても、十分な融資をしてもらうことはできます。ですが、これは時と場合によって異なってきますので、融資を受けられる方もいればそうではない方もいるということを覚えておきましょう。ただ、金融機関はお金を融資して金利を得ないと自分たちの利益にも繋がらないため、一定の条件が満たされていれば優遇するというケースも多くなってきます。

注文住宅は自分たちの譲れない希望や条件が詰め込まれた素敵な住宅です。それにお金を惜しみたくない、予算も大切だけれど自分たちが快適に住める家が欲しいという方がほとんどだと思います。頭金を用意することは必要不可欠ではあります。しかしながら、絶対に住宅の購入にかかる予算の20%を用意しなくても、現在は頭金0で融資が可能、頭金が0での住宅を建てることが可能などといったメーカーも増えてきています。


注文住宅には注文住宅の魅力がありますが、一生ローンを払い続け、自分たちの生活が苦しくなっては意味がありません。注文住宅に近い既存のパターンから間取りを決めていくという方法もありますので、予算オーバーだけはしないようにしましょう。