住宅を建てる時の資金

ホームへ戻る >  注文住宅の外壁材の補修と交換時期  > 住宅を建てる時の資金

自分たちの夢をのせた注文住宅。注文住宅はやはり、家を建てる方の憧れであるのは言うまでもありません。ところで注文住宅を購入する際、自分たちでどれくらいの頭金を用意しておかなくてはいけないのでしょうか。


一般的には家を建てる際にかかる費用の20%は頭金として用意しておく、と言われています。それにはもっともな理由があるのですが、大半の方は住宅ローンを利用して予算の範囲内で家を建てています。しかしながら、融資をする金融機関の多くは住宅を建てるのにかかる予算の8割ほどしか融資をすることがないのです。ケースバイケースでこれ以外のこともありますが、頭金がたくさん用意できればできるほど借り入れる融資も少なく済みますし、負担も軽減できます。

頭金を20%用意するということは、仮に3000万円の住宅を購入する際は600万円を頭金として用意するということになります。20%というと用意出来そうな金額ではありますが、住宅の購入価格によっては莫大な頭金が必要となってしまうため、注文住宅であれもこれも取り入れてしまうと大変なことになってしまうのです。


もちろん予算があるに越したことはありません。現在は、頭金がなくても住宅ローンの融資を受けることができたり、家を購入することができるようになりつつあります。確かに、購入する時はとてもありがたいものではあるのですが、頭金なしで住宅ローンの返済をしていくということは並大抵なことではないということをしっかりと念頭に置いておきましょう。