販売水とウォーターサーバー

ホームへ戻る >  歯の解剖学  > 販売水とウォーターサーバー

販売水の中でウォーターサーバーを設置するタイプもあります。この販売水のウォーターサーバーとは蛇口やコックをひねったり押せば、ミネラルウォーターが出てくる専用の機械のことを言います。中には貯水タンクがついていて外から取り入れられた水を、一定の量タンクの中で貯められる仕組みで、必要によって注水されていつでも飲めるのです。


手動で昔はタンクの中に水を流し込んでいることが多かったですが、今は水が入っているボトルをセットすれば、水が減ったら自動的にタンクの中に補充されるので、とても衛生的ですし、とても簡略化されているのが特徴です。

そして販売水のウォーターサーバーでは、水以外にお湯が出せるものも今増えており、業務用でも家庭用でもいつでも冷温水を出すことができるので、冷たくておいしい水も、熱いお湯もいつでも出せるのがとても便利です。もともとこの機械を見かける場所といえば病院、お店の待合室や休憩所というところで見かけることが多かったので、どちらかといえば業務用という印象を持っている人も多かったと思いますが、最近は家庭でも、健康に気を付ける人が増えていることもあって、家庭用のものを設置しているところも増えています。


販売水としてミネラルウォーターを自分でスーパーなどで購入して家に運ぶよりも、家に宅配してくれるので重宝している人が多く、人気です。


ちなみにこの販売水の機械はレンタルと購入のどちらかを選ぶところが大半です。