子供の歯列矯正

ホームへ戻る >  歯列矯正歯科を選ぶ基準  > 子供の歯列矯正

子供の口元をチェックした時に歯並びが不自然だと感じた場合には、早めに専門医の診察を受けることが大切です。歯並びが悪い原因はひとつではありません。顎の成長や生活習慣、遺伝などが複合的に絡み合っています。原因が特定されればその点を改善すればよいのですが、セルフケアで難しい場合には、歯列矯正治療をした方が適切なケアを行なうことができます。


歯列矯正に年齢制限はありませんが子供の頃に行なった方が良いとも言われています。歯は健康的な生活に欠かせない体の機能のひとつです。子供だって美しい歯並びになればコンプレックスから解放されるのです。

子供の歯列矯正は、顎の成長バランスに重点を置いています。上下左右の顎がバランスよく成長することで理想的な美しい口元を作ることができます。治療をする場合には、乳歯から永久歯に生え変わるタイミングに合わせて行うのが適しています。永久歯にすっかりと生え変わる前に顎の幅を拡げる治療を行うことで、歯が生えるスペースを確保することができますので、キレイな歯並びにすることができます。この治療が行われない場合には、抜歯をしないと歯を生えそろえることができなくなってしまうのです。


歯列の矯正といえば、器具の装着です。ポピュラーなタイプは金属性のブラケットとワイヤーを使用した方法です。子供のうちに顎のバランスを整えておけば、歯の生えるスペースも充分に確保できますので、それほど凸凹の歯並びにならずに済みます。つまり、器具による矯正の期間が短くて済むようになるのです。