治療した歯のアフターケアにも目を向けよう

ホームへ戻る >  審美歯科の料金と注意点  > 治療した歯のアフターケアにも目を向けよう

歯医者選び、そして料金の比較検討を行う際にはアフターケアにも目を向けておきましょう。とくに審美歯科選びの場合はこの点が決定的な意味を持ってくる場合が出てきます。過剰問題が指摘され、患者獲得のため熾烈な競争が繰り広げられている歯科業界。どの歯医者もアピールに必死になっています。そのための手段として積極的に導入されているのが審美歯科。原則として自由診療のため、独自の治療ができるほか、料金の設定も自由でアピールしやすいのです。


ただ、その結果どの歯医者も低料金を売りにするケースが増えています。患者が歯医者をチェックする際にはどうしても料金にまず目が向いてしまうからでしょう。その結果、ひたすら安さだけが売りになってしまっているケースも見られます。

しかし、審美歯科の場合はアフターケアも大事です。高価な治療を受けたにも関わらず、すぐに問題が発生してしまった、せっかく装着したクラウンが外れてしまったり、ヒビが入ってしまった、インプラントの噛み合わせが悪いなどは、審美治療を受ける人にとっては決して他人事ではない問題です。


ですから、アフターケアがどの程度含まれているのかも見ておきたいところ。術後の定期健診、さらには問題が発生した際の再治療なども料金の中に含まれているか。いくら安くてもこうしたアフターケアが充実していない場合、トラブルが発生したときに結果的に高くついてしまいます。これは重要な点ですから、必ず踏まえておくようにしましょう。