審美歯科の料金と注意点

ホームへ戻る > 審美歯科の料金と注意点

治療した歯のアフターケアにも目を向けよう
歯根治療の専門医の年収
歯根の炎症
歯根の炎症の治療方法
歯根が炎症する問題点

虫歯の治療だけでなく、審美的な面にも考慮してさまざまな治療を行う審美歯科。現在の歯科業界で注目が集まっている分野です。入れ歯や銀歯といった保険適用内の治療は3割負担で受けることができる一方、見栄えが悪かったり、使いづらいといった問題点を抱えています。


これは保険治療が怪我・病気において最低限の治療を行うことを前提としているからです。この問題点に対応する形で注目されているのが審美歯科なのです。歯医者でも審美的な治療を行うところが増えており、患者の意思で保険適用内で治療を行うか、自費診療を取り入れるかを選択できるケースも増えています。歯医者で審美的な治療を受ける場合にはやはり料金が大きな問題となります。ひとつは自費診療のため10割負担になること、もうひとつは自由診療となるため、歯医者によって料金設定が異なることです。

保険適用の治療はどの歯医者でも横並びとなりますが、審美的な治療の場合は同じ内容でも歯医者によって驚くほど違いが出てくることもあるのです。


しかし、ただ安いところを選べばよいというわけにはいかないのも厄介な点。とくに現在では低料金の競争が行われている状況で、そのしわ寄せが治療内容や環境にあらわれているケースが見られます。衛生面に問題のあり環境下での治療、あるいは決して適切ではない素材の使用など。こうした面も考慮したうえで料金を検討し、本当に適切な設定なのかを判断する必要があるわけです。そのためには複数のクリニックの比較検討も不可欠となるのでしょう。