歯医者の根管治療にかかる期間

ホームへ戻る >  最新医療技術は若手育成が重要  > 歯医者の根管治療にかかる期間

歯医者の根管治療にかかる期間歯医者における根管治療の流れについてですが、以下のようにして進められます。まずは虫歯に冒されている歯などを除去していきます。その上で、根管を露出していきます。また中には、過去に根管治療をしたことがある人が再び歯医者で治療することもあります。その場合には、歯髄がすでにないので、薬剤をきちんと取り除きます。そして清掃をしていきます。その上で、消毒をして、根管の除去をしていきます。


ところで歯医者で根管治療を受けた場合、どれくらいの期間が必要になってくるのでしょうか?期間についてですが、皆さんの根管がどのようになっているかとか、炎症の状態がどのようになっているかによって変わってきます。

根管ですが、個人差が結構あります。根管がまっすぐで正直な形をしている人も中にはいます。そのような人の場合、比較的簡単に治療を実施することができます。しかし一方で、かなり複雑な形状をしている根幹を持っている人もいます。中には、クモの巣のようになっていて、網目のような形状をしている人もいます。他にも、木の枝のように、いろいろな所に分岐してしまっている人もいます。このような人の場合、簡単に根管治療を進めることができなくなってしまう可能性もあります。


もし比較的簡単に治療を進めることができる人であれば、歯医者には1~2週間程度通えば治療することができます。しかし上で紹介したように、根管が複雑になっている場合には、2~3カ月くらいの治療期間を要することもあります。