歯医者の根管治療とは

ホームへ戻る >  最新医療技術は若手育成が重要  > 歯医者の根管治療とは

歯医者の根管治療とは歯医者では、いろいろな治療法を症状に応じて、実施しています。その中でも歯医者を利用したことがある人の中には、根管治療という言葉を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?根管治療とは文字通り、根管に対して治療を実施することを指します。根管とは、歯の中に歯髄と呼ばれる神経や血管の走っている個所があるのですが、この部分のことを指します。つまり根管治療とは、歯髄を除去する治療法のことを指します。


根管治療はまず、根管の内部の洗浄や消毒を行います。その上で、根管の内部で発生している痛みや炎症を抑えるために治療を実施します。根管の除去をした後には、除去した患部に根管充填とも言われていますが、薬剤を詰めます。

さらにその上から被せものをすることで、歯の機能を回復することになります。


基本的に歯医者では根管治療を、虫歯の患者に対して実施することになります。しかし虫歯であれば、誰でも根管治療をするわけではありません。虫歯の症状の進行度合いに応じて、根管治療をするかどうかの判断をします。基本的に、虫歯がかなり進行した人を対象に、根管治療を行うことになります。


すでに虫歯菌が歯髄を侵している場合には、根管治療をせざるを得なくなる可能性が高いです。また歯髄の近くにまで達していて、歯髄を温存した場合に激しい痛みが発生する可能性が高い場合にも、根管治療をして歯髄を除去する施術が実施される可能性があります。